冠婚葬祭サービスの費用面とは

冠婚葬祭に関しての費用ってどのくらいかかるの?

結婚式にかかる費用のご紹介

それでは結婚式にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
もちろん規模にもよりますが、平均的にみると400万円くらいかかってきます。

結婚式にかかる費用の平均的な例ですが、挙式料31.5万円、食事代122.9万円、新婦衣装47.4万円、新郎衣装16.7万円、引き出物35.7万円、ブーケ代3万円、会場装花17.4万円、スタジオ別撮り撮影15.5万円、スナップ写真撮影22.3万円、ビデオ撮影18.9万円、映像演出や司会料16.1万円、エステ代8.5万円と具体的に金額を上げるとこのようになります。
ここで上げているのは一般的に結婚式を行うとすればという内容になっています。
平均値なので規模や内容に等によって前後しますが、おおよその目安にしてもらえればと思います。

まずは見積もりを取ってみましょう

平均的には400万円くらいの予算となりますが、実際にかかってくる金額は見積もりを取ってみなければわかりません。
結婚式でやりたいこと、用意したいこと、演出したいことなどやりたいことによってかかる費用が変わってきます。
また、場所も重要です。
転勤族だけど、地元でやりたいという願いがあり、地元で結婚式を挙げる場合はどうしても費用がかさんできます。
よく考えて行ってもらえればと思います。

多くの人が規模を増やせば予算がかさんでくると思われがちですが、そんなことはありません。
ご祝儀で元が取れるような感じにもなるのでそこまで思いつめなくても結構です。
例えば400万円の費用がかかるとします。
ご祝儀は一人3万円もらえるとします。
そして、100人来るとします。
そうすれば300万円はご祝儀で賄えます。
そうすれば100万円の支出で終わりますよね。
このように計算をすれば多少気が楽になると思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る